しらすのネバネバ丼

IMG_4995
IMG_5001
IMG_5005
お気に入り
メモを残す

コメント

納豆としらすの組合せはカルシウムの吸収を良くする組合せとしておすすめです。
これに山芋のとろろを組み合わせて嚥下の悪い方にも食べやすい丼にしました。
火もまな板も使わずに出来ますから忙しい時にもおすすめです。

レシピ

釜揚げしらす 20g
納豆 1パック
山芋とろろ 100g
温泉卵(市販品) 1個
めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ1/2
刻みネギ(お好みで) 適量
ご飯 150〜200g

作り方

1

山芋は皮をむいて摺り下ろし、めんつゆを入れて下味を付けておきます。

納豆は付属のタレを加えて混ぜておきます。

IMG_4989
2

茶碗にご飯を盛り山芋を上からかけます。

IMG_4991
3

2のご飯の上に納豆としらすと温泉卵をのせます。

IMG_4993
4

お好みで刻みネギを散らして出来上がりです。

IMG_4997

特に固い材料は使っていませんが、歯の状態が悪い方に提供する場合は納豆は挽き割り納豆にするか包丁で叩いてもいいと思います。しらすは大変柔らかいですから、とろろや納豆のネバネバと一緒に食べれば噛まなくてもそのまま飲み込めてしまいます。忙しいお昼ご飯などに5分もあれば出来てしまうメニューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。