ササミのフリッター

お気に入り
メモを残す

コメント

歯の悪い方でも柔らかくて食べやすい鶏ササミを炭酸水で溶いた衣でカラッとフリッターにしました。

塩・胡椒をしっかり目にしておろしニンニクを揉み込んで味を付ければ何もつけずにそのまま美味しく召し上がれます。また薄味にして後からお好きなソースなど掛けて食べるのも美味しいので、塩胡椒の分量はこのレシピには「適量」としか記載していません。

高タンパク低カロリー食材のササミは、火を通しすぎても胸肉ほどは堅くなりませんからお年寄りにも嬉しい食材です。

レシピ

鶏ササミ 300g
A
小麦粉 50g
片栗粉 50g
炭酸水 120cc
塩、胡椒、おろしニンニク 各適量

作り方

1

ササミは筋を取り除き、斜めに切る。

繊維に沿ってタテに切ってしまうと堅く噛みにくくなりますので、繊維を切るイメージで斜めにカットしていきましょう。

IMG_3774
2

ササミにお好み量の塩・胡椒を振りおろしニンニクも入れて全体に揉み込むように混ぜます。

3

Aの材料を合わせ衣を作ります。

4

2で下味をつけたササミを3の衣に絡めて揚げて行きます。

脂は中温の170℃くらいがいいです。

衣がカラッとしてネタが浮かんできたら出来上がりです。

IMG_3775

嚥下に心配のある方の場合、衣が付いた揚げ物は衣をふやかすことで飲み込み安くなります。

天ぷらであれば天つゆにしばらく浸ければいいですし、このフリッターなんかはしばらくご飯やお粥の中に埋めておいてから食べると衣が柔らかくなり食べやすくなります。

勿論とろみ剤を使っても良いのですが、ちょっとした工夫でそのまま食べる事が出来ますので試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。