豆腐とエビすり身の蒸し物

IMG_4977
IMG_4978
お気に入り
メモを残す

コメント

木綿豆腐にエビのすり身をのせて蒸し物にしました。
今回は入れませんでしたが、歯が悪い方に提供する場合はすり身に卵や山芋を入れるとふんわり柔らかく仕上がります。
写真の様に小さく一口サイズにするのが面倒なら大きく作ってスプーンで掬いながら食べてもいいかもしれません。
仕上げに掛けるアンはお好きな味でかまいませんが、このレシピでは中華風にしています。

レシピ

木綿豆腐 1丁
すり身
エビ 170g(中14尾程度)
干し椎茸 2個
少々
小さじ1
ごま油 小さじ1/2
アン
200cc
椎茸戻し汁 50cc
中華旨味調味料(ペースト状) 3g
醤油 大さじ1
小さじ1/4
水溶き片栗粉 適量

作り方

1

豆腐はペーパータオルで包み軽く重しをして30分ほど水切りをする。

水切り出来たら厚みを半分にスライスして、更に3〜4センチ角の一口サイズに切っておく。

干し椎茸も水で戻しておく。

2

エビは皮をむき背わたを取り1〜2センチほどの大きさに切っておく。

IMG_4960 IMG_4961
3

戻った干し椎茸もエビと同じ様に1〜2センチ程度に切っておく。

IMG_4963
4

2と3のエビと椎茸をフードプロセッサーに入れ、塩・酒・ごま油の調味料も一緒にフードプロセッサーに掛けてすり身にする。

IMG_4965 IMG_4966
5

先ほどの豆腐の表面に接着剤代わりの小麦粉(分量外)をふり4のすり身をのせていく。

IMG_4969 IMG_4971
6

5のネタを中火で5〜6分程蒸す。

すり身を触ってみてしっかり固まっていればだいたい火が通っています。

IMG_4974
7

蒸しながらアンを作っていきます。
鍋に水と椎茸戻し汁を入れ、片栗粉以外の調味料も全て入れて火に掛けます。
沸騰したら水溶き片栗粉でお好みのトロミをつけて6の豆腐に掛ければ出来上がりです。

IMG_4977

一口サイズの蒸し物ですのでお箸がうまく持てなくなっている方でもスプーンを使って食べられます。
トロミの餡かけですからむせやすい人にもおすすめです。フードプロセッサーを使うと洗い物が面倒だという場合はまな板の上で叩いてしまっても勿論かまいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。