誤嚥を防ぐ姿勢で食べましょう

ご家族にむせやすい方はいらっしゃいますでしょうか。

お年寄りに限らず、若くてもむせやすい体質の方もいらっしゃいます。

ただ、若い方の場合は多少むせてもそこから誤嚥性肺炎などを起こす心配も少ないですし、気にせずに日常を過ごしている方がほとんどかと思います。

しかしこれがお年寄りになるとそういうわけにもいきません。

誤嚥が原因で肺炎を患えば命取りになってしまいます。

ですから最近では、誤嚥を防ぐために見かけは普通なのに中にすり鉢状に傾斜がついた湯飲みや、鼻が当たらないよう飲み口の一部をカットしたコップも販売されています。

これはどちらも頭を後ろにそらさずに飲めることを考慮した商品です。

つまり、上体を起こして顔はまっすぐ正面を向いた状態で食べる事が、誤嚥を防ぐ正しい姿勢と言うことが出来ます。

特に飲み込むことが苦手な方は、一口食べたらそれを水分で流し込むといった食べ方でないとうまく飲み込めない方もいらっしゃいます。

そうすると益々むせる事が増えてきますので、体を垂直に起こし、顔を正面に向ける正しい姿勢で食べる事はとても大切になってきます。

ベッドから出られない方でも、出来る範囲で状態を起こし真っ直ぐな姿勢で食事が出来れば誤嚥の可能性を減らすことが出来ますので、面倒でも上体を起こして食べさせましょう。

これは床擦れの予防にも繋がります。

そうした事を行うと同時に、当サイトの飲み込み安いレシピを参考いただいたりトロミ剤の助けを借りたりするのも良いですね。

画面の「絞り込み検索」をタップしていただき、ジャンル1で「飲み込み安い」を指定して検索していただくとそうしたメニューがご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。